2001年・9月

ちょっとでも動く物があれば体が勝手に反応しちゃうので

「子猫って、こんなにウルサイ物だったのか?・・・あのエネルギーはどこから来るんだ〜!」

と、おとーさん達を困らせながら、毎日元気に走り回っています。

おばちゃんを拾った時は1才くらいになっていたので、子猫は初体験なんだって)

「猫、っていうよりE..T.の顔だよね」なんて失礼なことを言っています。

そのうちに、おばちゃんみたいにふっくらしてくるから、待っててね〜♪

だって先月、お医者さんが「この子は美人になる」って言ってたもん。

ホントにE..T.に似てるの?
・・・なんか、ヤだなぁ・・・
そんな事ないよね?
ほ〜ら、カワイイ!

(2週間後にはこんなに美猫!)
おとーさーん、それ、なあに?
えっ、「詳しくはKAMEMODOKIの園芸日記を見て」って・・?
何のこと?

おとーさんはKAMEさんなの?

9月5日 今日は“よぼうちゅうしゃ”をするために、お医者さんへお出かけです。
お医者さんで計ってもらったら体重は900グラムになっていました。    
「大きくなったね」なんて、そんな声をしてもだまされるもんか!
は〜な〜し〜て〜!!
おばちゃん、そんなカメラ目線でポーズなんかしてる場合じゃないでしょ〜!


(実は放心状態なの・・・)
“よぼうちゅうしゃ” って、あんな事だったなんて・・・もう二度と行かないからねっ!  
次にまた行ったら、こうしてやる〜! ふんっ!
・・・いやいや、それよりも、こうしてそ〜っと抜き足差し足で逃げる方がいいかも・・・

今からよ〜く考えておこうっと!