2002年・9月

プラムと出会って一年経過・・・

今年も楽しい(?)予防注射の時が来ました。

キャリーに入れると声が枯れるまで鳴いてしまうので

胴輪とリードを装備して、自動車に乗って、さあお出かけ!

今日も朝寝坊のプーちゃんです・・・


「プーちゃん、起きて!
お医者さんに行くのよ〜♪」

ん〜・・なあに?
もっと寝ていたいのに〜
・・・えっ?
いま、「おいしゃさん」って言ったの??

行きたくないよ〜
ダイさん、助けて〜!!
「おいしゃさん・・ですか?
ボクは留守です。」


そんなぁ・・
おばちゃ〜ん、助けて〜!!
「おばちゃん・・ってダレ?
アタシはトトロよっ!」

誰にも助けてもらえずに
早くもお医者様(タムラ中央動物病院)に到着です。

四方から伸びる手・・プーちゃん絶体絶命!!
(ちなみに体重は4.1sでした)
“おたふく”ではありません。
事故防止に役立つタオルさんです♪

ここまで来たらあきらめたか
硬直して大人しいプラムでした。
チクッとした!!

た〜む〜ら〜せんせえ〜
そ〜っとして〜〜!!


はい終了、良い子だったね〜♪
帰宅後、役立たず(笑)のダイとにゃあに

「こ〜んなに大きな注射をしたんだから!!」

と、大イバリのプラムちゃん・・・

こらこら、嘘ついちゃダメでしょ!