白猫コロちゃん

ある日散歩をしていたら、2年前にプラムを拾った公園脇の道路上に白い物が。
ゴミ袋かと思いながら近づいたら・・小さな白猫が鳴きもしないでうずくまってます。
車に轢かれないように公園に戻そう、と持ってみたら目ヤニだらけでしかも左目はお岩さんのように腫れあがってる!  そんな顔を見たのが運の尽き・・後先考えずにお持ち帰り決定。  歩き始めたら後ろから「すみませ〜ん・・」と女の子が追いかけてきます。  聞けば、その前日に公園に4匹捨てられたうちの1匹だとか・・ わざわざ「その猫、飼ってくれませんか?」と言いにきたのでした。  子猫を捨てる大馬鹿野郎には心底腹が立ったけど  その小学生のおかげで少し救われた気分になれました。

近くのお医者様に連れて行ったら「猫カゼ(猫ウイルス性鼻気管炎)がこじれて結膜炎になってるね」と、注射2本!  体重はたったの250gでした。
目を拭いて、目ヤニを取って目薬入れて・・を繰り返したら、お岩さんのような腫れは一週間で取れたけど、まだ真っ赤な目が痛々しいです。


ずうっと眠ってばかりで心配だったけど、目の腫れがひいてきたら食欲も出てきました。
まだまだおチビさんだからミルクです。 飲み終えるとお腹がパンパンになるのは面白いけど・・今度はウンチが出ないのがまた心配。
最初のウンチがちゃんと出たときには嬉しくて、思わず記念写真を撮りそうになってしまいました。  親バカの気持ちがちょっとわかった瞬間です。(笑)

2週間後には450gになりました♪
お岩さん状態だった方の目は開かないけど片目でも元気に跳びまわってます。
まだ名前が決まってません。 第一候補は「アニー」です。

順調に回復してるけど、とりあえず2階の個室でひとりぼっちなので運動不足が心配だわ・・と夫に相談してみたら「まかせなさ〜い」と段ボール箱とガムテープでああっという間に作ってくれました。 ちょこっとビンボくさいけどジャングルジム完成!!  気に入ってくれたようで、一所懸命遊んでます。 うちの夫ってば、お金使わないでヘンな物を作らせたら天才かも♪

どんどん元気になってきて、そろそろプラムやにゃあとご対面・・なんて思い始めた頃、新たな問題発生!  顔をやたらと掻きむしってしまい、毛がところどころ抜けてきてしまいました。
あわててお医者様に行ったら  「ああ、これは・・(ちょっと皮を切り取って)・・これを顕微鏡で見ると・・ほ〜ら、元気なヒゼンダニが見えるでしょ!  これはいわゆる猫疥癬ですね。 大丈夫、週1×4回注射したら治りますよ♪」
呼び名が「ダニー」に変わってしまいました・・・ 

4週間後、ダニ騒動も無事終了。 体重も1kgを超え、晴れて家庭内デビューです。
名前は夫がコロちゃんと決めてくれました。
お医者様で「白猫はキツイですよ〜・・しかも女の子。 男の子なら去勢すれば少しはおとなしくなるんだけどね〜」と予告されてしまった猫ちゃんです。
この先どんなことになっていくのか? 楽しみなような恐ろしいような・・・